人類の精子の数が減っている

日本ばかりでなく世界で、男性の精子の数が減っているというショッキングな報告が出されています。

 

1995年のフランスの研究は広く報道され、話題を呼びました。

 

1945年生まれの男性の30歳時の平均精子数は1ミリリットルの中に1億200万でしたが、1962年生まれの男性30歳時の平均精子数は5100万でした。

 

わずか17年の間に精子の数が半減しているのです。また、WHO(世界保健機関)の発表では、精子の運動立が20年前に比べて半減しているとされています。

 

同じことが日本人でも確認されており、それも中高年ばかりでなく、若者にさえもおなじように顕著な傾向があるとされています。

 

まさに人類の男性の精子は危機にさらされているのです。

 

こうした精力減退の原因ははっきりとは解明されていません。ストレス説、ミネラル不足説のほかに、世界的な環境の悪化による、「環境ホルモン」を言われています。

 

ダイオキシンに代表される、微量でも人間の遺伝子に影響を与えかねない環境ホルモンは、私たちが個人で防ごうとしても防ぎきれないのです。

 

自然はなぜかメス化しているという報告もあって、男性にはますます厳しい時代だといえます。
日本ばかりでなく世界で、男性の精子の数が減っているというショッキングな報告が出されています。

 

1995年のフランスの研究は広く報道され、話題を呼びました。

 

1945年生まれの男性の30歳時の平均精子数は1ミリリットルの中に1億200万でしたが、1962年生まれの男性30歳時の平均精子数は5100万でした。

 

わずか17年の間に精子の数が半減しているのです。また、WHO(世界保健機関)の発表では、精子の運動立が20年前に比べて半減しているとされています。

 

同じことが日本人でも確認されており、それも中高年ばかりでなく、若者にさえもおなじように顕著な傾向があるとされています。

 

まさに人類の男性の精子は危機にさらされているのです。

 

こうした精力減退の原因ははっきりとは解明されていません。ストレス説、ミネラル不足説のほかに、世界的な環境の悪化による、「環境ホルモン」を言われています。

 

ダイオキシンに代表される、微量でも人間の遺伝子に影響を与えかねない環境ホルモンは、私たちが個人で防ごうとしても防ぎきれないのです。

 

自然はなぜかメス化しているという報告もあって、男性にはますます厳しい時代だといえます。